電子ピアノを買うなら、絶対「木製鍵盤」のピアノがおすすめです。

広告
ろばくん
ろばくん

電子ピアノって、たくさん売ってるけど、

どれを選べばいいんだろ?

ピグ
ピグ

高い買い物になるから、慎重になるよね。

知っておいた方がいいポイントを、自分の経験を交えて紹介するのです。

プー子
プー子

タイトルに書いてあるわね。

こんだけ?

ピグ
ピグ

ぶひっ(汗)

あくまで、参考程度です。

 

・ ピアノを趣味として始めたい

・ 本物のピアノが欲しいけど、今はムリ。

少しでも、本物に近い電子ピアノがほしい!

という人に、参考にして頂けたらとおもいます!

 

広告

購入する前に知っておいた方がいいこと

寿命は10年ぐらい

ピグ
ピグ

自分は買ってから10年後に、

知りました(汗)

プー子
プー子

買うときに、

いつ壊れるかは考えてなかったわね。

必ず壊れるわけではありません。

また、全く音が出なくなったわけでもないです。

 

ウチの場合は、ある特定の鍵盤の音が小さくなりました。

我慢して曲を弾くことはできますが、やっぱり気になりますね。

 

10年以上使ってもまったく不具合のでない人もいます。

自分の友人がそうですが、ただ普段の使用頻度はとても低いようです。

 

「大体10年ぐらいで、買い替えの時が来る」

って思っていた方がいいと思います!

 

メーカーによって価格が違う

同じぐらいの機能の電子ピアノでも、メーカーによって価格が違います。

なので、「こういう電子ピアノが欲しい」というのが明確になったら、

複数のメーカーで探した方がいいです。

 

昔の話ですが、

後述する「木製鍵盤」の電子ピアノの価格は、メーカーでかなり大きな差がありました。

 

「木製鍵盤」であるかどうか

「KAWAI」の公式サイトを例に紹介します。

いくつかのシリーズで分かれていますね。

ここで何を基準にして選んだらいいか、ですが、

ピグ
ピグ

木製鍵盤であることが大事だと思うのです!

 

公式サイトにも詳しく書いてありますが、

「木製鍵盤」の電子ピアノは、音を出すしくみ(「シーソー式」)が本物のピアノと同じです。

つまり、

音の出力の仕方が電子なだけで、弾いている感触は本物と変わらないという事です。

  

「本物のピアノを弾きたいけど、とりあえず今は電子ピアノで練習」

という方には、購入するうえで大事なポイントになると思います!

 

気になる価格

上記の「木製鍵盤」だと、価格も高くなります。

ほかにも機能による差はありますし、人によって欲しい機能は違うと思います。

 

でも一番大きな差は、やはり「木製鍵盤」かどうかだと思います。

だから自分としてのねらい目は、

「木製鍵盤」で価格の安いやつです。

 

 KAWAIの電子ピアノでいえば、20万ぐらいですねー。

ちなみ10年以上前に自分が買った時も、同じくらいの価格でした。

 

実際に触ったものを購入しましょう

ネットなどで調べて、欲しいピアノが明確になったら、

お店で実物を触りましょう。

 

弾き心地も大事ですが、

音の好みも超大事です!

 

高い買い物なので、あとで後悔しないためにも、

どんな音が出るのか、しっかり確認しましょう。

 

ろばくん
ろばくん

こんにちは!

ピアノ屋さん
ピアノ屋さん

いらっしゃい。

ろばくん
ろばくん

初心者だけど、ピアノ触らせて!

ピアノ屋さん
ピアノ屋さん

うふふ・・・

ろばくん
ろばくん

大丈夫かな・・・?

 

お店での選び方

いろんな機能のピアノがあって、目移りするかもしれません。(沢山の音色が出せます! とか)

また、店員さんに他のを勧められて、迷ったりするかも。

 

でも、やっぱり一番は「ピアノ」の音です!

「ピアノ」の音に、惚れこむかどうかです!

 

たとえば録音機能など、自分が必要としている機能があれば別ですが、

そうでなければ、他の機能はおまけと考えて、

「ピアノ」の音に集中して決めるのがいいと思います!

 

色んな種類の音

電子ピアノの長所ですが、色んな楽器の音が出せたりします。

結構キレイな音もでますが、

自分の場合、結局は気分転換用に使うぐらいでした。

 

色んな機能がついて、価格が高くなるよりは、

シンプルで、比較的価格の安い電子ピアノの方がいいと思います。

ピアノ屋さん
ピアノ屋さん

この電子ピアノ、声も出るよ。

「ふぁ~。ふぁ~。」って。

あとギターの音も出るよ。

ぽろろん・・・。

ろばくん
ろばくん

・・・・・。

実際ついてたりします。自分はいらなかったです。

 

エンディング

昔は、

電子ピアノと本物のピアノでは、雲泥の差がありましたが、

今は違います。

自分の好みにあった、電子ピアノを探し出して、

趣味のピアノを始めてみましょう!

 

ピグ
ピグ

電子ピアノにしかない長所もたくさんあるから、

楽しいよ!

ろばくん
ろばくん

フム!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました