【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

広告

自分が訪れた場所を自動で保存する機能、

「ロケーション履歴」。

人によっては、

ピグ
ピグ

余計なことを!

こんな機能いらない

って思うかも。

プー子
プー子

ピグちゃん、

またコンビニ行って、

ポテチ買ったわね!

ピグ
ピグ

ぶひっ(汗)

 

今回紹介するのは、

この機能を停止して、自分が行った場所を保存しないようにする設定の方法です。

ロケーション履歴をOFFにしても、今までの行動履歴は残っています。

今までの行動履歴を削除する方法はこちら。

 

広告

ロケーション履歴をOFFにする設定方法

Googleマップアプリを起動します。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

右上の自分のマークをタップ。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

メニューの中ほどにある

「タイムライン」をタップ。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

タイムラインの右上、

「・3つ」をタップ。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

「設定」をタップ。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

下の方にスクロールします。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

「ロケーション履歴の設定」をタップ。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

アクティビティ管理が表示されます。

「ロケーション履歴」のボタンをタップ。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

説明文が表示されます。

説明文を全て表示させないと、停止できません。

一番下までスクロールします。

【iPhoneのGoogleマップ】自分が行った場所を保存しないようにする設定方法。

👆これで停止できます。

「一時停止」をタップします。

これで履歴が保存されなくなります。

 

以上です!

Googleマップの履歴に関する記事まとめ

他にもGoogleマップの履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

行った場所(訪れた場所)の履歴

履歴を削除する方法

・ 履歴を残さないようにする方法👈今はココ!

 

検索した場所の履歴

履歴を削除する方法

履歴を残さないようにする方法

 

一時的に検索した場所・行った場所を残さない

シークレットモードにする方法

タイトルとURLをコピーしました