【iPhone(iPad)】共有メニューにアプリを追加する方法を紹介します。

広告
広告
 

SafariやYouTubeを、他のアプリで共有したいとき。

Safariのツールバー真ん中

👆Safariの「 共有マーク 」。写真アプリなどもコレですね。

 

YouTubeの動画の下

👆YouTubeの「 共有マーク 」。

共有メニューにLINEがない

メニューを開いてもアプリが表示されない!

右にスクロールする

スライドして他のアプリを表示できますが・・・。

それでもない!

今回は、共有メニューにアプリを追加する方法を紹介します。

 

追記:

iPhone(iOS)の不具合でアプリが表示されないこともあります。

その場合は、iPhoneを再起動することで直ることもあるようです。

 

広告
広告
 

共有メニューにアプリを追加する

右にスクロールする

一番最後までスライドします。

アプリの最後尾

最後尾に「 その他 」があります。

タップします。

選択画面の右上

右上の編集をタップ。

アプリの候補

候補のアプリに「 + 」が表示されるので、タップします。

アプリの移動

「 よく使う項目 」に追加されます。

共有メニューに表示された

最初の共有メニューでアプリが表示されました!

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました