ピアノは練習する時間が短くても、続けていれば弾けるようになります。

広告

ピアノあるある。

プー子
プー子

うーん、練習したいんだけど、

なかなか時間がとれないわー。

全く練習できない日もあるし。

ピグ
ピグ

大丈夫だよ!

 

今回は、ちょっとずつでも、練習を続けていれば、弾けるようになるよ!

というお話です。

 

広告

継続は力なり!

以下のような悩みを持つ人は、多いと思います↓

  • 日々の生活が忙しくて、練習する時間が少ない。
  • 練習しても、次の日にはできなくなっている。
  • なかなか先に進めず、不可能に思えてくる。

でも、ちょっとずつでも「継続して」練習し続けていれば、

弾けるようになります。

プー子
プー子

しばらく練習しなかったから、

全部忘れたわ!

もう無理!

ピグ
ピグ

大丈夫ぶひっ!

短い時間でも、忘れてしまっても、練習することは無駄にはなっていません。

 

頭で覚えるのではなく、体で覚える

↑これが全てです。

 

頭で覚えて「ああ弾いて、こう弾いて」と考えながらだと、すぐ忘れてしまいます。

 

そうではなく、

体に染み込ますように、何回も何回も練習することが大事です。

 

そうすると、頭で考えずに弾けるようになります。

そして、体で覚えたものはすぐには忘れません。

 

実際私は、弾けるようになった曲は、一切楽譜を見ないで弾きます。逆に見ながらでは弾けません。

 

練習は体に蓄積されていきます

練習を継続しているかぎり、体は覚え続けます。

そして不思議ですが、

いきなり弾けるようになったりします。

 

なので、一見全く進んでないように見えても、練習したことは無駄になっていません!

 

先に挙げた悩みも、解決します。↓

・日々の生活が忙しくて、練習する時間が少ない。

→1日10分でも練習していけば、体が少しづつでも覚えていきます。練習の日にちが多少空いてしまっても、大丈夫です。

 

・練習しても、次の日にはできなくなっている。

→全く消えてしまったのではなく、体は覚え続けています!

 

・なかなか先に進めず、不可能に思えてくる。

→いきなり、できるようになったりします! それまでは辛抱です!

頑張って継続していくには、努力が必要です。

 

その努力、継続を可能にするのが、「自分の好きな曲、弾けるようになりたい曲」を練習するということです。↓

 

 

徐々に弾けるようになっていけば、楽しくなっていきます。

 

最初は大変ですが、頑張ってみてください!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました