「小林賢太郎テレビ」の「お題コント」まとめ

広告

「小林賢太郎テレビ」とは、

小林賢太郎が、年に一度だけテレビでコントを披露する番組。

NHKのBSプレミアムで放送されます。

ほぼ毎年やってます。

ピグ
ピグ

本人の名前がそのまんま番組名!

 

毎回、番組の後半に「お題コント」というのがあります。

番組から出題されたテーマに沿って、3日間で新しいコントを作り、収録するというもの。

 

「セットなし」「編集なし」「固定カメラ1台で撮影(カメラマンがいない)」

という状況で収録。

セットなしというか、小林賢太郎が全部手作りで用意します。

 

現在①~⑦までがDVDになっていますが、

ピグ
ピグ

どの「お題コント」も

面白いです!

 

ただ完成したコントが収録されているだけではなく、

「お題」を告げられてからコントができるまでの3日間の、制作過程を見ることができます。

「お題」をどう捉え、表現しようかと真剣に悩み、アイディアをひねり出していく姿が見れます。

 

3日間ほとんど寝ないで試行錯誤しながら、コントを形にしていく。

改めて、

ピグ
ピグ

小林賢太郎、スゲー!

って思う、コーナーです。

 

今回は、DVDになっている「小林賢太郎テレビ①~⑦」の「お題コント」をまとめてみました。

 

広告

小林賢太郎テレビ1「テレビ」

そのまんまのお題。

編集が付き物の「テレビ」を、編集なしで表現する。

ピグ
ピグ

???

自分なら考える気にもならない。

ろばくん
ろばくん

そこをとことん追求する所が

凄いよね。

 

そして出たアイディアがこれ!

「自分で〈カット〉を表現」

「自分でカメラの動きを表現」

プー子
プー子

わけわかんないわよ!

ピグ
ピグ

ぶひっ(汗)

実際のコントを観て!

 

小林賢太郎テレビ2 「3D」

3Dの大きな特徴は、

「奥行きがある」

「ないものがあるように見える」

の2つであると、捉えます。

 

そしてガラスを使った、様々なアイディア。

ろばくん
ろばくん

この段階で、

すでにスゴイね!

ピグ
ピグ

本番のコントでは、

さらに巧妙な仕掛けが・・・!

ろばくん
ろばくん

わお!

こんな作品になるとは・・・

 

小林賢太郎テレビ3 「双方向テレビ」

双方向テレビとは、

あの、リモコンで操作できるやつです。

番組で投票したりとか。

ピグ
ピグ

3日間だけで、

これだけの事を考えて、

つくってしまう!

ろばくん
ろばくん

ほとんど寝てないって。

体力もすごいね。

プー子
プー子

リモコン作ってる。

なんか、図工みたい。

 

小林賢太郎テレビ4 「畳」

ピグ
ピグ

・・・・・

「たたみを1畳」

使ってコント。

ろばくん
ろばくん

趣旨が違うような・・・

プー子
プー子

パントマイム!

 

小林賢太郎テレビ5 「宇宙の旅」

色んな方法で、「無重力」感を表現!

ろばくん
ろばくん

わあ!

ほんとに無重力みたい!

番組の構成上、制作現場を見てから本番コント見るので、どういう仕掛けか分かります。

だから何も知らない状態で、初めにコントだけを観たら、きっとビックリするのではないのでしょうか。

ピグ
ピグ

むしろこの番組以外は、

普段コントだけを披露するのです。

プー子
プー子

だから、

驚きがあるのね。

 

小林賢太郎テレビ6 「タイムマシン」

様々な小道具を作って、色んな方法で「タイムマシン」を表現。

プー子
プー子

おもしろーい!

ピグ
ピグ

氷を水にする仕掛けは、

あとで教えてくれるよ。

ろばくん
ろばくん

フム!

なるほどね~。

おもしろいなー!

 

小林賢太郎テレビ7 「アクションカメラ」

「アクションカメラ」使ったコント。この回のみ、60時間でコントを作成。

色んな実験をして、可能性を探ります。

ピグ
ピグ

色んなアイディアを思いつくのが凄いね。

プー子
プー子

完成したコントも、

発想が面白いわ!

ろばくん
ろばくん

「相手」が見えないけど、

イメージが湧くね!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました