Windows10のロック画面の画像を、もっとカンタンに手に入れる方法を思いついた!

広告

こちらでも「ロック画面の画像を、壁紙にする方法」を紹介しています↓

初めてやってみる、またはたまにしかやらない場合は、この方法で十分です。

 

しかし・・・

Windows10のロック画面は、時間が経つと他の画像へと切り替わっていきます。

ピグ
ピグ

スポットライト(spotlight)って言うそうです。

プー子
プー子

ねえ、ピグちゃん!

また新しい画像になったわ!

これもキレイだから欲しいわ!

ピグ
ピグ

ぶひっ(汗)

この間やったばかり・・・。

 

「頻繁に新しい画像が見られる=手に入る」のはありがたいですが、毎回、↑の方法で画像を手に入れるのは、

ピグ
ピグ

めんどくさい!

ろばくん
ろばくん

うん!

めんどくさい!

 

そこで今回は、このロック画面の画像を、より簡単に手に入れる方法を考えたので、紹介したいと思います。

 

広告

準備

ロック画面の画像ファイルを、簡単に表示できるようにするために、ショートカットをつくります。

ショートカットの作成

 ロック画面の画像が保存してあるファイルを表示します。

デスクトップ画面で、

「Windowsキー」(Windowsのロゴが書いてあるやつ)

を押しながら「 R 」を押します。

 

ファイルを指定して実行:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
「ファイルを指定して実行」

↑左下に、なんか出てきました。

 

拡大画面:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
拡大画面
ピグ
ピグ

ここに、魔法の言葉を入れます!

 

%LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets

↑これを全部コピーして、貼り付けて「OK]をクリックしてください。

ロック画面の画像フォルダ:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
ロック画面の画像ファイル。

表示されたら、この「↑」をクリック。

Assetsのショートカットを作る:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
ショートカットを作る。

↑「Assets」のフォルダが選択された状態で表示されるので、

「Assets」の上で右クリック。

「ショートカットの作成」をクリック。

③ 一番下にショートカットができます。

ここから先ですが、

説明を分かりやすくするために、「デスクトップ」にショートカットを設置します。実際はどこでもOKです。

 

ショートカットの移動

ショートカットを移動:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
ショートカットを移動。

① ショートカットをドラッグして、デスクトップに移動します。

② 「これらのファイルは、コンピュータに害を及ぼす可能性があります」という警告が出たりします。OKを押します。

自分で承知の上でファイルを移動する分には、問題のない警告のようです。

「OK」で大丈夫です。でも、一応「自己責任で!」

ショートカットフォルダ:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
出来ました。

↑ショートカットができました。フォルダ名を変えても大丈夫です。

ピグ
ピグ

これで、あの長い呪文、

%LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets

は、もう使わないで済みます。

ろばくん
ろばくん

フム!

以上で、準備は完了です。

 

画像の入手手順

以前のやり方でもいいですが、

・ どれがお目当ての画像かわからない。

・ いちいち「ファイルを開く方法」を選ぶのが大変。

なので、以下の手順をおすすめします。

 

「ペイント」から画像を探す。

まず、windows標準搭載の「ペイント」を開きます。

そして、CtrlO を押します。(「ファイル」→「開く」のショートカットキーです。)

 

フォルダ選択:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
フォルダ選択

↑先ほど作ったショートカットフォルダを選択します。

すべてのファイルに。:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
変更。

おそらく、ファイルが何も表示されないと思います。

右下の「すべてのピクチャファイル」を、「すべてのファイル」に変更します。

ファイルが表示されます。

 

表示されたら、「更新日時」を新しい順にして、「サイズ」の大きいファイルを開きます。

ファイル一覧:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
ファイル一覧

赤枠の部分右クリック→「更新日時」、「サイズ」にチェックを入れると表示されます。

 

お目当ての壁紙が出たら、「jpeg形式」で保存して完了です!

ファイルをjpeg形式で保存

名前を付けて保存:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
名前をつけて保存

「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリック。

 

拡張子をjpgに:「Windows10のロック画面の画像を、壁紙にする方法」を、もっと簡単に使えるようにする設定。
拡張子をjpgに。

ファイル名の最後が「.jpg」になっているか、確認します。

なってない場合は、「.jpg」 にして、保存!

違った場合は、

CtrlOを押して、またファイルを探します

ピグ
ピグ

↑以前より、とても探しやすくなりました!

 

エンディング

↓ちなみにこちらでは、

壁紙をスライドショーで表示する方法を紹介しています。

ピグ
ピグ

つまり、この壁紙用フォルダに

新しい画像を追加していけば、

どんどんキレイな壁紙が増えるよ!

プー子
プー子

ステキ!

これからドンドン追加してね!

ピグ
ピグ

あの、

プー子さんがやってもいいんだよ・・・

プー子
プー子

やり方わからないわ。

ピグ
ピグ

・・・・・(絶句)

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました