【NHK防災アプリ】ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

広告

NHKの防災アプリはこちらから入手できます👇

正式名は「NHK ニュース・防災アプリ」。

 

このアプリで得られる情報は以下の通りです。👇

・ 最新のニュース

・ 天気予報

台風情報

雨雲の動き

河川の状況(水位・ライブカメラ)

・ ハザードマップ

現在地の災害情報

・ 全国の地震情報

などなど。

(青い文字をタップするとページが開きます)

今回はこの中から「ハザードマップ」をカンタンに見る方法を紹介します。

ハザードマップで、洪水・土砂災害の危険が高い地域を確認できます。

iPhone版での紹介となります。

 

広告

ハザードマップの確認方法

アプリを開きます。

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

トップ画面にはニュースが表示されます。

 

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

一番下にあるメニューから、

「マップ」をタップ。

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

最初に「雨雲のデータマップ」が表示されます。

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

下の方にある「表示切替」をタップ。

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

上部にハザードマップの項目が出てきます。

位置情報の利用を許可してあれば、

現在地がすぐに表示されます。

位置情報の利用の許可のやり方はこちら👇

 

洪水のハザードマップ

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

洪水の危険がある地域を、色で区分して表示しています。

画面をスワイプすれば、他の地域も確認できます。

 

土砂災害のハザードマップ

「NHKの防災アプリ」を使えば、ハザードマップ(洪水・土砂災害)がすぐに確認できます。

土砂災害の場合は、

「急傾斜地」「土石流」「地すべり」に分かれていて、

それぞれボタンのON・OFFで、

表示・非表示を切り替えることができます。

最初は全てONになっています。

 

最後に

このアプリでは雨雲の動きや、河川の状況などの確認も素早くできます。

こちらで紹介しています👇

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました