「寝る前にパソコンすると眠れない」を軽減するwindowsの機能を紹介。

広告

夜、寝る前にパソコン画面を見ると眠れなくなると言われています。

ディスプレイから出る「ブルーライト」が原因のようです。

 

windowsにはこのブルーライトを抑える、

「夜間モード」という機能があります。

「寝る前にパソコンすると眠れない」を軽減するwindowsの機能を紹介。

今回はこの夜間モードの設定方法を紹介します。

 

広告

windowsで夜間モードを設定する

デスクトップの何もない所で右クリックを押します。

「寝る前にパソコンすると眠れない」を軽減するwindowsの機能を紹介。

メニューが出るので、

「ディスプレイ設定」をクリック。

「寝る前にパソコンすると眠れない」を軽減するwindowsの機能を紹介。

すぐ下にある、夜間モードをオンにします。

ピグ
ピグ

これで指定の時間になると、

夜間モードに切り替わるようになります。

プー子
プー子

画面が少し黄色くなったわ!

 

夜間モードの詳細設定

「寝る前にパソコンすると眠れない」を軽減するwindowsの機能を紹介。

👆ここで細かい設定を変更できます。

「寝る前にパソコンすると眠れない」を軽減するwindowsの機能を紹介。

夜間モードの強さや、

何時から何時までを夜間モードにするか

などを設定できます。

最初は画面が黄色くなるのに少し抵抗がありました。

でも慣れると全く気にせず作業ができるようになりました。

ピグ
ピグ

これのおかげで

眠れるようになったかは

分かりませんが!

プー子
プー子

よく寝てるわよ。

ピグ
ピグ

ぶひっ!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました