玄関のインターホンをワイヤレスに替えました。工事不要で、自分で取り付けられます。

広告
プー子
プー子

家のインターホンぶっ壊れたわ。

新しいのにしたいわ。

ピグ
ピグ

家の中の配線とか替えるのかな。

工事しなきゃだめかな?

高くつくのかな・・・

って思ってました。

 

「ワイヤレスのインターホン」の存在を知らなかったのです。

ワイヤレスなら配線とか関係ないし、今まで付けてなかった新しい場所に取り付けることもできます。

 

ウチは自力で取り付けることができました。

半年使ってみましたが、とてもいい感じなので紹介します。

 

広告

パナソニックのワイヤレステレビドアホン 

公式サイトはこちら↓

 

取り付け

問題は、外の取り付けができるかです。

公式サイトを見てもらえばわかりますが、子機(玄関に設置する方)は「ねじ2本」で取り付けます。

 

取り付け方は、どんな壁かによって違ってきます。

木の部分に固定するだけならカンタンですが・・・

購入する前に、子機をどうやって取り付けるかを考えて置くことが大事です!

 

親機(家の中で設置)は、コンセントがあれば、どこでも大丈夫です。

 

使ってみて

問題なく使えてます!

 

モニターも、しっかり録画されていて

夜でも誰が来たかがよくわかります!

モニター画面:玄関のインターホンをワイヤレスに替えました。工事不要で、自分で取り付けられます。
モニター画面
ピグ
ピグ

こんな感じ!

ろばくん
ろばくん

うん。近いね・・・

ワイヤレスのデメリット:電池切れに注意!

デメリットとしては子機は乾電池を使っていることです。

乾電池6本を使います。残量は、親機のモニターで見れます。

 

公式サイトでは、最大で1年はもつと書いてありますが、

当然使用頻度によりますね。

 

電池切れには注意が必要です!

 

エンディング

インターホンを取り付ける=工事が必要、のイメージあったのですが、

「ワイヤレス」のおかげで、自分でカンタンに取り付けることができました。

 

ピグ
ピグ

ワイヤレス、万歳!

プー子
プー子

あとは、電池さえ長持ちしたらなー。

50年とか。

ピグ
ピグ

・・・・・

ぶひっ。

 

 

またアパートなどの賃貸で、壁に子機を設置できない場合は、ドア利用して設置できるタイプもあるようです。

ピグ
ピグ

べんり!

ろばくん
ろばくん

フム!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました