【ラーメンズ】コントなのに怖い、「サスペンス風コント」を8つ紹介します。

広告

 

今回は「ラーメンズ」のコントの中でも、

サスペンスのを紹介します。

ミステリーっぽいっていうのかな?

ホラーっぽいっていうのかな?

ピグ
ピグ

要するに、そういう系のやつ!

 

「ラーメンズ」については、こちらで紹介してます。↓

  

一口にサスペンス風と言っても、

オチだけそれっぽいのとか、あまり怖くないものとか、様々です。

  

中には、

ピグ
ピグ

えっ?

ていう終わり方のコントもあったりします。

こういう所で「ラーメンズ」を好きか嫌いかが、分かれたりするのかもしれません。

 

でもこういうのも、ラーメンズの魅力の一つだと思います!

サスペンス好きでない人は、笑えるのを一通り観てから、試しに観てみてはいかがでしょうか?

 

(「サスペンス風以外のコントは、こちら

 

広告

「採集」 第12回公演『ATOM』より

「サスペンス」色が強い、といえばコレ! っていう気がします。

まるで本当に、その場所にいるような空気感。

怖いのが苦手な人は、楽しめないかな?

 

お笑いの要素もたくさんあります。

 

「COUNT」 第9回公演「鯨」より

観客がひえーって言ってます。

私も

ピグ
ピグ

ひえーーーっ

ってなりました。

こういう終わり方、私は好きだなぁ。

 

小林賢太郎はエンターティナーだなーって、つくづく思います。

 

「やめさせないと」   第17回公演『TOWER』より

ほのぼのした内容ですが、途中で、

ピグ
ピグ

え? どういうこと?

っていう感じになります。

 

ピグ
ピグ

スターバックスの話が印象的。

プー子
プー子

サスペンス、関係ないけどね!

 

「1313」   第13回公演『CLASSIC』より

コントは怖くないけど、もし実際にあったらとても怖い。

ろばくん
ろばくん

・・・・・・。

ピグ
ピグ

どうしたの?

ろばくん
ろばくん

・・・・・・。

 

「小説家らしき存在」  第11回公演『CHERRY BLOSSOM FRONT 345』より

コントの設定がわかりづらいですが、雰囲気でサスペンスです。

ピグ
ピグ

いろいろ無理があるような・・・

でも発想は面白い!

プー子
プー子

「つねいつぐと」の所ね。

 

「時間電話」  第8回公演『椿』より

最後、「その先がどうなるか気になる」状態で終わるパターン。

こういうの、よくあります。

ピグ
ピグ

コントじゃなくて映画だったら、

まさにサスペンス! かな?

プー子
プー子

笑いの要素もあるせいか、

コントだと、なんかホンワカしてるね。

 

「超能力」  第9回公演「鯨」より

ピグ
ピグ

トロンボーン!トロンボーン!

プー子
プー子

おバカ!(ビシッ)

ピグ
ピグ

ぶひっ!

 

「銀河鉄道の夜のような夜」   第16回公演『TEXT』より

若干、サスペンス要素が。

プー子
プー子

「行ってくるがいい~~!!!!!!!」

ピグ
ピグ

ふぁ~ぃ(怯え)

このくだり、好きです。

 

まとめ

できる限り、あらすじを知らない状態で観ていただきたいので、ざっくりした紹介になってしまいました。

とにかく、全部無料で観れるので、試しに観てみてはいかがでしょうか?

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました