【iOS14・Safari】履歴を残さないようにする、「プライベートモード」のやり方を紹介します。

広告
広告
 

インターネットを使っていると、どんどん履歴が保存されていきます。

履歴には次の2つがあります。👇

Safariの閲覧履歴

「閲覧履歴」。

いつ、どのページを見たかがわかる。

Safariの検索履歴

「検索履歴」。

検索窓をタップすると、過去に調べた言葉が出てくる。

 

これらの履歴を保存しない状態にするには、

「プライベートモード」を利用します。

プライベートブラウズモードの説明

正式名は「プライベートブラウズモード」。

履歴が残らないだけで、いつも通りネットができます。

今回は、このプライベートモードのやり方を紹介します。

 

広告
広告
 

iPadの場合

safariのアプリを開きます。

Safariの画面

画面の右上の、このマークをタップ。

ページの右上

「プライベート」をタップ。

これで「プライベートモード」になります。

プライベートブラウズモードのSafari

プライベートモード中は、この部分が黒く表示されます。

 

iPhoneの場合

safariのアプリを開きます。

Safariで表示されたウェブページ

上にスワイプして、メニューを表示。

出てきたメニュー

このマークをタップ。

Safariの左下

「プライベート」をタップ。

これで「プライベートモード」になります。

プライベートブラウズモードのSafari

プライベートモード中は、画面上下が黒く表示されます。

 

今回紹介したのは、今後履歴を残さない方法です。

過去の履歴は残ったままとなります。

過去の履歴を削除する方法はこちら👇

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました