iPhone(iPad)のスクリーンショット画像って、アプリ使わないでファイルサイズを小さくできます。一応。

広告

スクリーンショット画像には注意が必要です。

iPhoneのスクリーンショットは、画像のファイルサイズが大きいのです!

こぷー
こぷー

なんで、

デッカイずら?

ピグ
ピグ

ファイル形式が、

PNGだらかです!

画像のファイル形式がPNGだと、

ファイルサイズが大きくなってしまいます!

JPEG形式の4倍くらい大きかったりします。

「.jpg」(JPEG形式)・・・ファイルサイズが小さい。

「.png」(PNG形式)・・・ファイルサイズが大きい。

 

ピグ
ピグ

もっとサイズを、

小さくしたい!

今回は、

ファイル形式を変更して、ファイルサイズを小さくする方法を紹介します。

PNG形式 ➡JPEG形式

に変換します。

 

※ ここで紹介する方法は、iPhoneの機能のみで小さくする方法です。

少ない数の画像なら有効な方法ですが、たくさんある場合はアプリを使用した方が楽です。

 

広告
広告

画像の編集機能でファイル形式を変える

iPhoneの写真アプリ 編集:スマホのスクリーンショット画像の、ファイルサイズを小さくする方法。
「編集」

iPhone標準搭載の、写真アプリを開きます。

そして写真を選択すると、右上に「編集」と表示されるので、タップします。

写真アプリの調整画面:スマホのスクリーンショット画像の、ファイルサイズを小さくする方法。
さらに右上!

さらに調整画面で、右上の「・・・」をタップします。

マークアップの表示:スマホのスクリーンショット画像の、ファイルサイズを小さくする方法。
こんなん出てきます。

「マークアップ」というのが出てくるので、タップします。

マークアップ画面。:スマホのスクリーンショット画像の、ファイルサイズを小さくする方法。
何もしない!

マークアップ画面になりますが、何もしないで「完了」をタップします。

調整画面で、右下の終了を押す。:スマホのスクリーンショット画像の、ファイルサイズを小さくする方法。
最後にこれ。

また調整画面に戻って、最後に右下の「✔」をタップして、完了です。

これだけで、jpgのファイル形式へと変換されます。

 

画像のファイルサイズを変えてメールで送るならアプリが便利!

もし画像を他のスマホやPCにメールで送るなら、アプリを使うのが便利です👇

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました