40代、男の転職体験談。求人の見方を変えたら、選べる会社が増えました。

広告

私は、40代になって転職を決意しました。

とりあえず残業だらけの会社を辞めるため、次の転職先を探し始めました。

ピグ
ピグ

がんばるぞ!

 

分かりきったことですが、良い条件の転職先がみつからない・・・・

最終的に、私がどうやって今の会社に転職したのかを、紹介したいと思います。

ろばくん
ろばくん

フム!

 

広告

条件

とりあえず、最低限、以下の条件は外せないと思いました。

・ 40代でも正社員としては入れるところ。

・ 社保完備。

・ 転勤なし。

・ 退職金制度あり

・ 賞与あり、ベースアップあり

・ 未経験でも入れる。

あとは当然大事になってくるのが、基本給です。

 しかし上記の条件で、さらに満足のいく基本給がもらえる会社となると、

選択の幅は、一気に狭くなります。

 

「基本給」ではなく、「ベースアップ」。

どうしても基本給の数字に目が行きがちですが、考え方を変えました。

 

いくら、最初の基本給が多少よくても、その後のベースアップがなければ、長い目でみると、もらえる給与の総額は低くなります。

前の会社がそうでした。

ピグ
ピグ

夢も希望もない!

ろばくん
ろばくん

せつない!

ピグ
ピグ

なので!

ベースアップに着目し、最初の基本給は多少低くても、選択肢の中に入れるようにしました。

 

そうすることで、自分が選べる会社がが増えて、希望が見えてきました。

また私が就職の相談をした方も、その探し方がいいよと、アドバイスしてくれました。

 

具体的に行ったこと。

求人のチェック。

そうは言っても、やっぱり、

・ 条件の良い会社は人気があり、すぐ募集人数に達する。

・ 残ってる求人には、良いのがない。(自分の条件に合わない)

のが、当たり前。

なので大事なのは、新規の求人をチェックし続けることです。

 

新しい求人基本給低め だと、すぐには希望する人が出てきません。

そこで、ベースアップの額を見て、将来的に見込みがありそうなら、すかさず就職希望を出します。

そうすることで、自分が真っ先に希望を出すことができ、就職を勝ち取れる可能性が高くなります。

 

実際に会社で、ベースアップについて聞く。

どこでも通用するわけではないですが、まず会社への見学をお願いします。(自分は製造業)

もしOKが出たら、見学の際に率直に、

ピグ
ピグ

基本給が低くて正直きついけど、

頑張れば、ベースアップはちゃんとあるよね?

って聞きました。(言い方はもっともっと丁寧だったけど)

 

その問いにしっかり答えてくれるかどうかも大事な判断基準だと思います。

また確認できれば、比較的安心して入社することができます。

 

最初の基本給が低いことには変わりがないので、きついですが、

頑張れば、しっかりベースアップがある(しかも毎年!)と思えば、

希望がもてます。

 

在職中でもできる。

まとめになりますが、

とにかく大事なのは、新規の求人をこまめにチェックすることです。

いろんな求人サイトから、新規の求人のみを平たく見るだけなら、たいして負担にならないので、仕事しながらでもできます。

ピグ
ピグ

最初は、既に前からある求人も見ていましたが、

結局見つからず、新規だけ見るようになりました。

 

また仕事しながらであれば、実際に会社に出向いた際にも、ダメもとで色々聞きやすいと思います。

 

以上は、あくまで自分の体験からの話です。

転職先がなかなか見つからない方にとって、一つの案として、参考になればと思います。

 いろんなサイトから、「基本給低めの新規求人」をかき集めて眺めてみるのも、一つの手だ思います。

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました