【古いiPad】最新のiOSにアップデートできない!自分のiPadが新しいiOSに対応しているかを確認しましょう。

広告
広告
 

iPadをアップデートしようとしたら、できない!

ソフトウェアの更新情報

古いバージョンなのに「ソフトウェアは最新です。」と表示された!

このような場合は、iPadが古すぎてアップデートできないのかもしれません。

自分のiPadが、新しいiOSに対応しているか知りたい場合は、公式サイトからも確認することができます。

今回はその確認方法を紹介します。

 

広告
広告
 

自分のiPadが新しいiOSに対応しているか確認する方法

こちらの公式サイトで確認できます👇

iPadのユーザガイドのモデル確認ページ

バージョンを選択すると、対応しているiPadが一覧で表示されます。

ここで自分のiPadモデルがなければ、アップデートできないということです。

 

自分のiPadが何モデルか分からない場合もあると思います。

次から、自分のiPadのモデルを調べる方法を紹介します。

 

自分のiPadの名前は何?モデルを調べる方法

設定アプリ

「設定」をタップ

設定のメニュー

左側のメニューから「一般」をタップ。

一般の設定

「情報」をタップ。

iPadの情報

iPadの情報が確認できます。

機種名はiPad Air!

 

次に「第〇世代」というのを調べます。

モデル番号の確認

今度は、機種名の下の「モデル番号」を確認します。

「MD~」という表記だと公式サイトで確認できないので、

一度タップします。

iPadのモデル番号

表記が変わりました!

「A1474」

これを覚えておきます。

 

そして、こちらの公式サイトで確認します👇

iPadの機種名の選択

機種名がiPad Airだったので、ココをタップ。

iPad Airの詳しい情報

「A1474」が表記されている機種を探します。

ありました!

これで自分のiPadが、

「第1世代のiPad Air」

だということが確認できました。

これで完了です!

 

最新のiOSにできない=買い換え時?

古いiPadの場合は、iOSが最新の状態にアップデートできるかに注意する必要があります。

iOSが古いままだと、

・ 使用できないアプリが出てくる

・ 新しい機能が使えない

・ セキュリティ面が危険になる。

など、不具合が出てきます。

そういう意味では「買い換え時」なのかも。

 

ちなみにiOSには、

「セキュリティだけのアップデート」

というのがあります。

 

このアップデートができれば、安心してネットに繋ぐことができます。

最新のiOSにはできないiPadでも、こちらのアップデートには対応していたりします。

 

詳しくはこちらで紹介しています👇

 

また、

自分のiPadを、いつから使っているかを調べる方法はこちら👇

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました