【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

広告
広告
 
こぷー
こぷー

この袋の文字、

iPhoneで

読み取れんずらか。

ピグ
ピグ

ぶひ?

たとえば、こういう文字を、、、

 

テキスト化してメールやメモなどで入力したい!

iOS15からは「テキスト認識機能」が使えるようになりました。

しかし、

iPhoneのテキスト認識機能を使うには、以下の条件があります。(2021年11月現在)

・ iOS15以上

・ iPhone XS、iPhone XR、およびそれ以降のモデル

日本語はまだ非対応

 

でもアプリを使えば、カンタンに文字をテキスト化することができます。

写真・画像の文字をテキスト化できる「 Adobe Scan 」。

今回は「 Adobe Scan 」というアプリを使って、カメラで撮影した文字をテキスト化する方法を紹介します。

 

広告
広告

画像の文字をテキスト化する

「 Adobe Scan 」というアプリを使います。

 

「 Adobe Scan 」を開きます。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

カメラが起動します。

 

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

カメラが起動しない場合はホームの右下のカメラマークをタップします。

既にある「写真」からスキャンすることもできます。

撮影します。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

テキスト化したい範囲を調整します。

枠を動かすことができます。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

範囲を指定したら「続行」をタップ。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

右上の「 PDFを保存 」をタップ。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

作成されたPDFをタップ。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

ファイルを編集できるようになるまで、少し時間がかかります。

(👆はアイコンが半透明になっていて、まだ操作ができません)

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

わかりづらいですが、アイコンが点灯しました。

「テキストアクション」をタップ。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

テキスト化したい文字を選択状態にします。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

下の方にある「テキストをコピー」をタップ。

これで、画像の文字をテキストとして貼り付けることができます。

 

メールに貼り付けてみます。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

メールの本文をタップして、

メニューから「ペースト」をタップ。

【iPhone(iPad)】カメラで文字を読み取る方法を紹介します。

テキストが貼り付けられました!

変換できてない文字もありますが、ほとんどがテキスト化できました。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました