【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

広告
広告
 

Twitter内の画像や動画の表示を制限することで、データ通信量を節約することができます。

今回紹介する「データセーバー」をオンにすると、以下の設定になります。

・ 動画は自動再生されなくなる

・ 画像は低画質になる

 

今回は、データセーバーを有効にして、データ通信量を節約する方法を紹介します。

またデータセーバーを使わず、細かく設定する方法も紹介します。

 

広告
広告
 

ツイッターの「データセーバー」を有効にする

【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

自分のアイコンをタップします。

【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

メニューの下の方にある、

「 設定とプライバシー 」をタップ。

【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

「 アクセシビリティ、表示、言語 」をタップ。

【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

「 データ利用の設定 」をタップ。

【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

「 データセーバー 」のボタンをオンにします。

(👆の画像はオフの状態)

これで完了です。

 

データ通信量の節約方法を細かく設定する

データセーバーをオンにしなければ、画像や動画の表示方法について細かく設定することができます。

【Twitterアプリ】データ通信量を節約する方法を紹介します。

それぞれ設定できます。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました