【iPhone(iPad)のダークモード】アプリごとに設定・解除を使い分ける方法を紹介します。

広告
広告
アプリの背景が黒い

背景が黒くなる、ダークモード。

このダークモードの設定(解除)の方法は、アプリによって違います。

以下の2通りに分かれます👇

・ アプリ内でダークモード設定ができるもの

・ 本体の設定に合わせてダークモードになるアプリ

 

アプリ内にダークモード設定があるものは、個別に変更できますが、

iPhoneの設定が反映されてしまうものは、アプリごとにダークモードを変更することができません。

でも、「 ショートカットアプリ 」を使うことで、個別の設定が可能になります。

 

今回は、それぞれのアプリが、どちらの仕様になっているかを紹介します。

また設定方法もリンク先で紹介しているので、アプリごとにダークモード、ライトモード(無効状態)を使い分けることができるようになります。

 

アプリ内でダークモード設定ができるもの

たとえばツイッターアプリの場合。

iPhoneは「ライト」のままで、ツイッターのみダークモードにすることができますし、その逆も可能です。

 

以下のアプリがこのような仕様になっています👇

(青い文字をタップすると詳細ページへ飛びます)

ツイッター

フェイスブック

Googleマップ

YouTube

Kindle

スマートニュース

シンプルカレンダー

Edge

Googleニュース

Yahoo!メール

TikTok

タイムツリー

Yahoo!マップ

 

iPhone本体のダークモード設定が反映されるアプリ

以下のアプリは、iPhoneの設定でダークモードにすると、アプリもダークモードに変更されます。

でもアプリ内には、ダークモードの設定がありません!

通常、アプリのみダークモードにする、ということができません!

 

でも「ショートカット」アプリを使うことで、単独で設定が可能になります。

以下でやり方を紹介しています。

(全部基本的やり方は一緒です。)

 

・ LINE

 

・ インスタグラム

 

・ メール(iPhone標準搭載)

 

・ Gmail

 

・ マップアプリ(iPhone標準搭載)

 

・ カレンダー(iPhone標準搭載)

 

・ ピンタレスト

 

・ リマインダー

 

・ Googleカレンダー

 

・ メモアプリ(iPhone標準搭載)

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました