【PC版Chrome】検索履歴が表示されない!履歴を保存させる設定を紹介します。

広告
広告
 

Google Chromeの「履歴」には2種類あります。

閲覧履歴と検索履歴です。

 

・ 閲覧履歴:自分が過去に見たウェブページの履歴

 

・ 検索履歴:過去に検索した言葉の履歴

googleの検索窓に表示された検索履歴

👆これの事です。

ある設定をすると、これらの履歴が表示されなくなります。(保存されません。)

 

今回は検索履歴を表示させるための設定方法の紹介です。

設定をすることで、今後履歴が保存されるようになります。

なお、過去の履歴は保存されてないため、表示はできません。

 

広告
広告

Google Chromeの検索履歴を保存させる

検索エンジンによって操作方法が違います。

Google、Yahoo!、Bing、それぞれのやり方を紹介します。

 

Googleの場合

ログインしていない場合

検索履歴は保存されません。

 

ログインしている場合

googleサイトの右上

Googleのトップ画面を表示して、

右上の「9つの・」をクリック。

googleサービス一覧

「アカウント」をクリック。

アカウントの管理画面

アカウント画面。

「データとカスタマイズを管理」をクリック。

「データとカスタマイズを管理」

「アクティビティ管理」内の、

「ウェブとアプリのアクティビティ」をONにします。

 

Yahoo!の場合

Yahoo!サイトの検索窓

下の、

小さい▼をクリックします。

「キーワード補助入力」の設定

「キーワード補助入力」を「OFF」にします。

これでOK!

この変更をしてから、検索履歴が保存されるようになります。

 

Bingの場合

Bingサイトの右上

Bingのトップ画面。

(このトップページの表示方法はこちら

右上の「三」をクリック。

Bingの設定

「検索履歴」をクリック。

Bingの検索履歴の設定

「ここで新しい検索を表示」

のボタンを、クリックしてONにします。

(👆の画像は、ONの状態)

 

以上です!

 

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました