【iPhone(iPad)】Googleマップの検索履歴を削除する・保存させない。

広告

Googleマップでは、

検索した場所は「検索履歴」として残ります。

Googleマップで検索した場所の履歴

検索した場所が保存されていきます。

今回は、

この検索履歴を削除する方法と、今後保存しない方法を紹介します。

 

広告
広告

検索履歴を削除する

まず検索履歴の一覧を表示

Googleマップのアプリを開きます。

Googleマップの右上

右上の自分のマークをタップ。

Googleマップのメニュー

メニューの下の方の、

「設定」をタップ。

「設定」のメニュー

「マップの履歴」をタップします。

「マップのアクティビティ」のページ

「マップのアクティビティ」のページに飛びます。

下の方にスクロールすると・・・

Googleマップの検索履歴

履歴がありました!

 

履歴を1つずつ選んで削除する方法

検索履歴のメニュー

各項目の右上にある

「・3つ」をタップ。

「削除」をタップ。

特定の項目だけを消すときに使います。

 

一括ですべての履歴を削除する方法

「マップのアクティビティ」の上部

「マップのアクティビティ」の先頭にある

「・3つ」をタップ。

「マップのアクティビティ」のメニュー

「アクティビティを削除する基準」

をタップ。

「アクティビティを削除する基準」の選択

「全期間」をタップ。

削除ボタン

「削除」をタップして完了です。

削除後の「マップのアクティビティ」

履歴が無い証拠にサボテンが表示されます。

ろばくん
ろばくん

荒野・・・

 

検索履歴が残らないようにする

Googleマップのアプリを開きます。

Googleマップのアカウントのアイコン

右上の自分のマークをタップ。

アカウントのメニュー

メニューの下の方の、

「設定」をタップ。

設定のメニュー

「マップの履歴」をタップします。

「マップのアクティビティ」画面

「アクティビティを保存しています」をタップ。

「アクティビティを保存しています」の画面

「ウェブとアプリのアクティビティ」のボタンをタップしてオフにします。

(👆画像はオンの状態)

「ウェブとアプリのアクティビティを一時停止」

説明文が表示されます。

説明文を全て表示させないと、停止できません。

一番下までスクロールします。

一時停止ボタン

👆これで停止できます。

「一時停止」をタップします。

これで検索履歴が保存されなくなります。

 

一時的に履歴を保存させない「シークレットモード」

最後、履歴を一時的に保存させない方法です。

オンにしている間だけ、検索履歴が保存されなくなります。

Googleマップのアプリを開きます。

Googleマップのアカウントのアイコン

右上の自分のマークをタップ。

アカウントのメニュー

「シークレットモードをオンにする」

をタップ。

シークレットモードがオンの状態

シークレットモードになると、

右上のマークが変わります。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました