【iPhone(iPad)】ツイッターをダークモードにする方法を紹介します。

広告
広告
 
twitterの背景が黒い

Twitterのダークモード。

ツイッターをダークモードにするには、2通りのやり方があります👇

・ ツイッターの設定でダークモードにする

・ iPhone本体の設定でダークモードにする

それぞれのやり方を紹介します。

 

広告
広告

ツイッターの設定でダークモードにする

ツイッターには「アプリ版」と「ブラウザ版」があります。

(ブラウザ版の開き方はこちら)

 

それぞれの設定方法を紹介します。

アプリ版のダークモード設定

ツイッターアプリを開きます。

twitterの画面

自分のアイコンをタップ。

twitterのメニュー

メニューの一番下にある、

「電球マーク」をタップ。

画面表示の設定

「ダークモード」をタップ。

ダークモードの設定

「ダークモード」のボタンをオンにします。

(👆の画像はオンの状態)

 

2種類のテーマから選択

2種類のダークモードを選ぶことができます。

 

ブラウザ版のダークモード設定

ブラウザ版ツイッターを開きます。

twitterの画面

左上にある自分のアカウントマークをタップ。

twitterのメニュー

メニューの下の方ある、

「表示」をタップ。

画面表示の設定

下の方にある「背景画像」の項目。

ココで「ダークブルー」か「ブラック」を選択します。

これで完了です!

 

ダークモードを解除したいとき

ダークモードの設定

アプリ版の場合は、ボタンをオフにします。

背景画像の選択

ブラウザ版の場合は「デフォルト」にチェックをいれます。

 

「端末の設定を使う」とは

アプリ版の設定には「端末の設定を使う」があります。

ダークモードの設定

ツイッターの設定が「端末の設定を使う」になっていると、iPhoneの設定が適用されます。

iPhone本体の設定をダークモードにすると、ツイッターもダークモードになります。

 

iPhoneのダークモードは、

設定アプリ ➡ 「画面表示と明るさ」➡ 外観モード

から設定できます。

詳しい変更方法はこちら👇

 

アプリと本体で、ダークモードを使い分ける

設定の組み合わせで、ダークモードを限定的に使用することができます。

全てダークモードを使用しない

 iPhone本体の設定 ➡ ライト

 ツイッター ➡ 「端末の設定を使う」オン

iPhoneはダークモード、ツイッターは白色

 iPhone ➡ ダーク

 ツイッター ➡ 「ダークモード」オフ

iPhoneは白色、ツイッターはダークモード

 iPhone ➡ ライト

 ツイッター ➡ 「ダークモード」オン

全てダークモードにする

 iPhone ➡ ダーク

 ツイッター ➡ 「端末の設定を使う」オン

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました