iPhone(iPad)からパソコンへ、メールで画像を送る方法。ファイルサイズを小さくして送れる、おすすめアプリを紹介します。

広告
広告
 

iPhoneの画像をPCに送る方法。

「メール」を使って送ることもできますが、、、

ファイルサイズを選択する

メールで送ろうとすると、こういうの出たりしませんか?

(ファイルのサイズが小さければ、出ません。)

実際に送信すると、画像が小さすぎたり、大きすぎたりすることがあります。

それはこれが原因です👇

・ 画像ごとにファイルサイズが違う

・ あくまで、ファイルの容量の大きさであって、実際に表示される大きさではない!

なので、ファイルサイズの調整では、ちょうどいい大きさの画像にするのはむずかしいです!

 

そこで今回紹介するのは、「リサイズメール」という無料のアプリです。

カンタンに画像を送ることができます!

 

(追記:画像のサイズを変えずに送るなら、Googleドライブが便利です!)

 

広告
広告
 

アプリでのリサイズ、送信。

いろんなアプリがありますが、

私は「リサイズメール」(無料)というアプリを使っています。

まずは設定する

リサイズメールの設定。変更サイズ

最初に「設定」をタップして、「変更サイズ」を選びます。

jpg、pngの選択

「添付時のファイル形式」を選択します。

ファイル形式は「 ipg 」がオススメです。

「.jpg」(JPEG形式)・・・ファイルサイズが小さい。

「.png」(PNG形式)・・・ファイルサイズが大きい。

※ かなり大ざっぱな分け方です。

それぞれ、他にもメリット・デメリットがあります。

今回はファイルのサイズだけに注目。

 

画像を選択する

画像を選択

最初の画面に戻って、送信するファイルを選びます。

(複数選ぶことができます。)

 

リサイズする

リサイズボタン

「リサイズ」をタップ。「変更サイズ」で選んだ大きさに変更されます。

リサイズ後の行動選択

次の選択肢が表示されます↓

・ カメラロールに保存する

・ メールに添付する

・ 保存してメールに添付する

 好きな方法を選びます。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました