【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。(iOS14)

広告

インターネットを使っていると、どんどん履歴が保存されていきます。

ピグ
ピグ

履歴には2種類あります。

・ どのページを見たか👉「閲覧履歴」

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

いつ、どのページを見たかがわかる。

 

・ 何を調べたか👉「検索履歴」

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

検索窓をタップすると、

過去に調べた言葉が出てくる。

それぞれ、1つずつ削除していくことも可能ですが、全ての履歴をいっぺんに削除することもできます。

 

今回は、過去の閲覧履歴・検索履歴を全て消去する方法を紹介します。

他のブラウザのデータも一緒に削除されます。

たとえば自動でログインしているものがあると、ログアウトした状態になります。

 

広告
広告

iPadの場合

safariのアプリを開きます。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

左上の本のマークをタップ。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

「履歴」のマークをタップ。

閲覧履歴が表示されます。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

履歴の右下にある「消去」をタップ。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

「すべて」を選択すれば、全削除されます。

これで完了です!

 

iPhoneの場合

safariのアプリを開きます。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。
【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

メニューの本のマークをタップ。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

時計のマークをタップ。

閲覧履歴が表示されます。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

履歴の右下にある「消去」をタップ。

【iPhone(iPad)・Safari】過去の閲覧履歴・検索履歴を全て削除する。

「すべて」を選択すれば、全削除されます。

これで完了です!

 

今後履歴を保存しないようにしたい場合は、

「プライベートブラウズモード」

で利用すればOKです。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

広告
 
広告
safariの使い方
こぶたのピグちゃん
タイトルとURLをコピーしました