【Chrome】過去の閲覧履歴を、完全に削除する方法。(PC版)

広告

Google Chromeで見たページは「閲覧履歴」として保存されます。

【PC版のGoogle Chrome】過去に見たネットのページの履歴を削除する方法。

👆閲覧履歴。

今までどのページを見ていたかがわかります。

ピグ
ピグ

過去に見ていたページを

知られたくない!

っていう時には、

「閲覧履歴」を消去することができます。

今回はそのやり方を紹介します。

 

広告
広告

Google Chromeの設定から閲覧履歴を消去

【PC版のGoogle Chrome】過去に見たネットのページの履歴を削除する方法。

右上の「・3つ」をクリック。

【PC版のGoogle Chrome】過去に見たネットのページの履歴を削除する方法。

「履歴」の上にカーソルを持っていき、

表示されたウィンドウの「履歴」をクリック。

【PC版のGoogle Chrome】過去に見たネットのページの履歴を削除する方法。

ズラーっと履歴が表示されます。

左側の、

「閲覧履歴データの削除」

をクリック。

【PC版のGoogle Chrome】過去に見たネットのページの履歴を削除する方法。

「閲覧履歴」にチェックを入れ、

「データを削除」をクリック。

【PC版のGoogle Chrome】過去に見たネットのページの履歴を削除する方法。

「履歴」が空になりました!

でも、使用状況によっては履歴は残っています。

以下で解説します👇

 

アカウント内に履歴が残る!

使用している検索エンジンによっては、アカウント内に履歴が残ります。

Google・Bing・Yahoo!それぞれ解説します。

Googleアカウントの履歴を確認・削除する方法

「閲覧履歴データの削除」のところで、注意書きがありますが、、、

Googleアカウントにログインした状態で使用している場合。

アカウント内に閲覧履歴が残っていることもあります。

 

その場合はGoogleアカウントの管理画面を開き、履歴のデータを確認・削除することができます。

こちらで詳しく解説しています👇

 

Bingを使用する場合

検索エンジンにBingを使用している場合。

やはりMicrosoftアカウントにログインしていると、アカウント内に履歴が保存されます。GoogleChromeでは削除できません。

Microsoftアカウント内の履歴を削除する方法はこちらです👇

 

Yahoo!の場合

特に閲覧履歴は残りません。

Chromeの履歴を削除するだけでOKです。

 

以上です!

Google Chromeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

・ 過去の閲覧履歴を削除する方法👈今はココ!

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

検索履歴を残さない(表示させない)設定方法

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました