Googleで検索した言葉が保存されないようにする方法。

広告

Googleで検索すると、検索した言葉が保存されます。

そして次にGoogleで検索するとき、

「検索履歴」として表示されます。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

「検索履歴」が表示される。

プー子
プー子

痩せたかったら、

ポテチやめたら?

ピグ
ピグ

・・・・・・

うん。

ろばくん
ろばくん

ゼッタイ食べるね。

検索履歴は、Googleのアカウントにログインしている時に保存されています。

ログインしていなければ保存も表示もされません。

 

今回はこの「検索履歴」を、

今後保存されないようにする設定を紹介します。

(過去の検索履歴を削除する方法ではありません。)

 

広告

Googleアカウントの設定から変更

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

「9つの・」をクリック。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

「アカウント」をクリック。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

アカウント画面

「データとカスタマイズを管理」をクリック。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

「アクティビティ管理」内の、

「ウェブとアプリのアクティビティ」をクリック。

ピグ
ピグ

最近あちこちで「あくちびちぃ」

って言葉が使われるけど、

やめてほしい!

プー子
プー子

ちゃんと言えないのね。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

「ウェブとアプリのアクティビティ」をクリック。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

内容を確認したうえで、「一時停止」をクリック。

Googleで過去に検索した言葉が保存されないようにする方法。

👆これがOFFの状態です。

これで完了です!

 

Google Chromeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

・ 検索履歴を残さない(表示させない)設定方法👈今はココ!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました