広告
 

【Googleアカウント】検索した言葉を、保存させない・履歴を残さない方法を紹介します。

広告

Googleで検索すると、検索した言葉が保存されます。

そして次にGoogleで検索するとき、

「 検索履歴 」として表示されます。

Googleで表示される検索履歴

「 検索履歴 」が表示される。

この検索履歴ですが、Googleにログインした状態の場合は、注意が必要です。

Googleをログイン状態で使用している場合、

Googleアカウントのアイコン

Googleのアカウントに、検索履歴が保存されていきます。

なのでGoogleChrome上で履歴を削除しても、Googleアカウントには保存されたままになっています。

(Googleをログインし直すと、履歴が復活します。)

今回紹介するのは、

この、Googleアカウント内に検索履歴が保存されないようにする方法です。

 

以下の2通りの方法があります。

・ GoogleChromeの「シークレットモード」を使う。

・ アカウントの「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフにする。

どちらかを実行すればOKです。それぞれやり方を紹介します。

 

ちなみに過去の検索履歴はそのまま残ります。

検索履歴を削除する方法はこちらで紹介しています👇

 

広告
広告

Google Chromeで検索履歴を保存させない

ブラウザにGoogle Chromeを使っている場合は、

「 シークレットモード 」を利用することで、検索履歴が残らないようになります。

シークレットモードの使い方

まず普通にGoogle Chromeを起動します。

chromeの右上

右上の「・3つ」をクリック。

シークレットウインドウを開く

「 シークレットウィンドウを開く 」

をクリック。

chromeのシークレットモード

シークレットモードが、

新しいウィンドウで開きます。

右上に表示されるシークレットモードのマーク

右上にもこのように表示されます。

このウィンドウで利用すれば、

検索履歴は残りません。

 

Googleアカウントの設定から変更

9つのブロックのアイコン

Googleのトップ画面を表示して、

右上の「9つの・」をクリック。

Googleのアカウントのアイコン

「 アカウント 」をクリック。

Googleのアカウント画面

アカウント画面

「 データとカスタマイズを管理 」をクリック。

アクティビティ管理画面

「 アクティビティ管理 」内の、

「 ウェブとアプリのアクティビティ 」をクリック。

ウェブとアクティビティのボタン

「 ウェブとアプリのアクティビティ 」をクリック。

一時停止のときの説明

内容を確認したうえで、「 一時停止 」をクリック。

「ウェブとアプリのアクティビティ」がオフの状態

👆これがOFFの状態です。

これで完了です!

 

Google Chromeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

・ 検索履歴を残さない(表示させない)設定方法👈今はココ!

 

以上です!

 

他にもこんな記事があります👇

Googleアカウントに残っている閲覧履歴を一括削除する方法

タイトルとURLをコピーしました