【Googleアカウント】検索した言葉を、保存させない・履歴を残さない方法。

広告

Googleで検索すると、検索した言葉が保存されます。

そして次にGoogleで検索するとき、

「検索履歴」として表示されます。

Googleで表示される検索履歴

「検索履歴」が表示される。

プー子
プー子

痩せたかったら、

ポテチやめたら?

ピグ
ピグ

・・・・・・

うん。

ろばくん
ろばくん

ゼッタイ食べるね。

この検索履歴ですが、Googleにログインした状態の場合は、注意が必要です。

Googleをログイン状態で使用している場合、

Googleアカウントのアイコン

Googleのアカウントに、検索履歴が保存されていきます。

なのでGoogleChrome上で履歴を削除しても、Googleアカウントには保存されたままになっています。

(Googleをログインし直すと、履歴が復活します。)

今回紹介するのは、

この、Googleアカウント内に検索履歴が保存されないようにする方法です。

 

以下の2通りの方法があります。

・ GoogleChromeの「シークレットモード」を使う。

・ アカウントの「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフにする。

どちらかを実行すればOKです。それぞれやり方を紹介します。

 

ちなみに過去の検索履歴はそのまま残ります。

検索履歴を削除する方法はこちらで紹介しています👇

 

広告
広告

Google Chromeで検索履歴を保存させない

ブラウザにGoogle Chromeを使っている場合は、

「シークレットモード」を利用することで、検索履歴が残らないようになります。

シークレットモードの使い方

まず普通にGoogle Chromeを起動します。

chromeの右上

右上の「・3つ」をクリック。

シークレットウインドウを開く

「シークレットウィンドウを開く」

をクリック。

chromeのシークレットモード

シークレットモードが、

新しいウィンドウで開きます。

右上に表示されるシークレットモードのマーク

右上にもこのように表示されます。

このウィンドウで利用すれば、

検索履歴は残りません。

 

Googleアカウントの設定から変更

9つのブロックのアイコン

Googleのトップ画面を表示して、

右上の「9つの・」をクリック。

Googleのアカウントのアイコン

「アカウント」をクリック。

Googleのアカウント画面

アカウント画面

「データとカスタマイズを管理」をクリック。

アクティビティ管理画面

「アクティビティ管理」内の、

「ウェブとアプリのアクティビティ」をクリック。

ピグ
ピグ

最近あちこちで「あくちびちぃ」

って言葉が使われるけど、

やめてほしい!

プー子
プー子

ちゃんと言えないのね。

ウェブとアクティビティのボタン

「ウェブとアプリのアクティビティ」をクリック。

一時停止のときの説明

内容を確認したうえで、「一時停止」をクリック。

「ウェブとアプリのアクティビティ」がオフの状態

👆これがOFFの状態です。

これで完了です!

 

Google Chromeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

・ 検索履歴を残さない(表示させない)設定方法👈今はココ!

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました