Google Chromeで閲覧履歴を残さない方法は、「シークレットモードを利用する」です。

広告

Google Chromeで見たページは「閲覧履歴」として保存されます。

Google Chromeで閲覧履歴を残さない方法は、「シークレットモードを利用する」です。

👆閲覧履歴。

今までどのページを見ていたかがわかります。

過去の閲覧履歴を削除する方法はこちらで紹介しています👇

 

今回紹介するのは、

閲覧履歴を残さないでネットを利用する方法です。

「シークレットモード」にすることで可能となります。

 

広告

シークレットモードの使い方

まず普通にGoogle Chromeを起動します。

Google Chromeで閲覧履歴を残さない方法は、「シークレットモードを利用する」です。

右上の「・3つ」をクリック。

Google Chromeで閲覧履歴を残さない方法は、「シークレットモードを利用する」です。

「シークレットウィンドウを開く」

をクリック。

Google Chromeで閲覧履歴を残さない方法は、「シークレットモードを利用する」です。

シークレットモードが、

新しいウィンドウで開きます。

 

このウィンドウで利用すれば、

閲覧履歴は残りません。

Google Chromeで閲覧履歴を残さない方法は、「シークレットモードを利用する」です。

右上にもこのように表示されます。

 

Google Chromeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

・ 閲覧履歴を残さない(保存しない)方法👈今はココ!

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

検索履歴を残さない(表示させない)設定方法

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました