【iPhone・Safari】広告や余計なモノを非表示にできる、「リーダー表示」の使い方を紹介します。

広告
広告
 
こぷー
こぷー

ウェブページが

広告やら何やら、

見づれーずら。

ピグ
ピグ

ぶひっ!

ごめん・・・

Safariには、本文と関係のないモノを非表示にする、「リーダー表示」という機能があります。

本文に関係のあるテキストと画像のみ、表示されるようになります。

(ただし、文字の装飾も消えるので、逆に見づらくなる部分もあるかも。)

 

今回は、Safariのリーダー表示の使い方について紹介します。

 

広告
広告

ウェブページを「リーダー表示」にする

ウェブページを表示します。

【iPhone・Safari】のツールバー

左上のツールバーの、

「ぁあ」を長押しします。

【iPhone・Safari】ツールバーの長押し

これでリーダー表示になりました!

左上の表示が黒くなります。

この表示は、現在開いているウェブページのみ有効になります。

 

リーダー表示を解除する

【iPhone・Safari】ツールバーの長押し

もう一度「ぁあ」を長押しすると解除されます。

 

常にリーダー表示をさせる

ウェブページを開いたら、自動的にリーダー表示になります。

【iPhone・Safari】ツールバー

左上の「ぁあ」を、タップします。

【iPhone・Safari】ツールバーのメニュー

メニューが開きます。

「webサイトの設定」をタップします。

【iPhone・Safari】webサイトの設定

「自動的にリーダーを使用」のボタンをオンにします。

(👆の画像はオンの状態)

これで完了です!

 

リーダー表示の注意点

・ リーダー表示できるページは決まっています。

【iPhone・Safari】ノート?のマーク

ウェブページを開くときに、

このマークが出たときのみ、リーダー表示ができます。

 

・ テキストの装飾がなくなって、見づらくなることもあります。

【iPhone・Safari】テキストの装飾

たとえば👆の表は・・・

 

【iPhone・Safari】装飾が消える

こんな感じになり、かえって見づらくなります!

 

おまけ:背景の色を変えることができます

【iPhone・Safari】ツールバー

リーダー表示の状態で「ぁあ」をタップします。

【iPhone・Safari】リーダー表示の設定

背景の色が選択できます。

白以外にすることができます。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました