【iPhone】文字選択をカンタンに解除する方法。

広告
広告
 

たとえば、

ツイッターの検索機能を使った時。

ツイッターの検索窓

ここで検索を行いますが・・・

 

再度、文字を入力し直して検索するときなど、

文字全体が選択されたままで、

使いづらいです。

こぷー
こぷー

へ?

 

たとえばこんな時です。
ツイッターで検索

「こぶたのピグちゃん iPhone」

では、検索結果がなかったので、

 

「こぶたのピグちゃん スマホ」

で検索し直したい!

ピグ
ピグ

左上の戻るボタンか、

検索窓をタップします。

すると・・・

選択された検索の言葉

文字が全て選択されてしまいます。

「こぶたのピグちゃん」はそのままで、

「iPhone」を「スマホ」に変えたい!

選択状態でメニューが表示

カーソルを移動したくても、

余計なメニューが出てしまう!

ピグ
ピグ

こういうこと、ない?

ろばくん
ろばくん

あるある!

Twitterに限らず、あるね!

プー子
プー子

イライラするのよね!

結局全部、入れ直したり!

 

今回はこういう時の対処法を紹介します。

文字の全選択(コピー範囲)を解除するのに便利です!

 

広告
広告

文字選択の解除方法(コピー範囲の選択解除)

キーボードの空白ボタン

キーボードの「空白」を押し続けます。

文字選択が解除された

すると、キーボードが真っ白になって、

文字の選択も解除されます!

カーソルの移動もできる

さらに押し続けて指をスライドすると、

カーソールが移動します!

これで好きな場所にカーソルをもっていくことができます。

ピグ
ピグ

これを使えば、

一部の文字だけを変える事ができます!

 

まとめ

この方法は、メールなど他のテキスト入力でも有効です。

こちらの記事でも使い方をまとめています👇

今回とは違うカーソルの移動方法も紹介しています。

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました