広告
 

【Edge】検索履歴を残さない(表示させない)設定方法を紹介します。

広告

検索履歴とは・・・

Bingの検索履歴

これです!

以前検索した言葉が表示されます。

 

今回紹介するのは、

今後この検索履歴を表示しないようにする設定のやり方です。

 

検索エンジンによって、やり方が違います。

・ Bing

・ Google

・ Yahoo!

それぞれの設定方法を紹介します。

 

広告
広告

Bingの場合

まず紹介するのは、検索エンジンがBingの場合です。

(Edgeのデフォルトの検索エンジンは、「Bing」となっています。)

Bingにログインしているか・いないかでやり方が違ってきます。

Bingにログインしていない場合

Bingにログインしていない場合は、この方法でOK!👇

Bingのホーム画面上部

Bingのトップ画面。

(このトップページの表示方法はこちら

右上の「 三 」をクリック。

Bingのメニュー

「 検索履歴 」をクリック。

検索履歴の設定画面

「 ここで新しい検索を表示 」

のボタンを、クリックしてOFFにします。

(👆の画像は、ONの状態)

これで、検索履歴が保存されなくなります。表示もされません。

 

Bingにログインしている場合

👆とおなじやり方で、検索履歴を表示しないようにはできます。

ただしこの場合、検索履歴はアカウントに保存されていきます。

Microsoftアカウントのメニュー
検索履歴

Microsoftアカウント画面。

アカウントには、検索履歴として残ります!

なのでこの場合は、後で紹介する

「InPrivate ブラウズ」

を使うしかありません。

 

Yahoo!の場合

Edgeを起動します。

Edgeブラウザの右上

右上の「・・・」をクリック。

Edgeのメニュー

「 設定 」をクリック。

設定のメニュー

「 プライバシー、検索、サービス 」をクリック。

「閲覧データをクリア」の設定

中ほどに、

「 ブラウザーを閉じるたびにクリアするデータを選択する 」

とあります。

クリックします。

クリアするデータを選択する

「 オートフィル データ 」

のボタンを、ONにします。

これでEdgeを閉じる時に、

検索履歴が削除されるようになります。

 

Googleの場合

Googleアカウントにログインしていなければ、保存されません。

でも、

Googleをログイン状態で使用している場合👇

Googleのアカウントに、検索履歴が保存されていきます。

なのでEdgeで履歴を残さないようにしても、Googleアカウントには保存されていきます。

(Googleをログインした時に、履歴が表示されます。)

Googleアカウント上で、検索履歴を保存しないようにする方法はこちらで紹介しています👇

 

もしくは次に紹介する、履歴が保存されない「InPrivate ブラウズ」を使います。

 

InPrivate ブラウズ(ウィンドウ)を利用する

履歴が保存されない「InPrivate ブラウズ」を使う方法を紹介します👇

Edgeの右上

Edgeを起動して

右上の「・・・」をクリック。

Edgeのメニュー

「 新しい InPrivate ウィンドウ 」をクリック。

InPrivateウィンドウモード

InPrivateウィンドウが立ち上がります。

これで検索すれば履歴は残りません。

 

以上です!

Edgeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

・ 検索履歴を残さない(表示させない)設定方法👈今はココ!

 

以上です!

タイトルとURLをコピーしました