【windows10・Edge】検索履歴を残さない(表示させない)設定方法を紹介します。

広告

※この記事で紹介するEdgeはChromium版です。👇

【windows10・Edge】検索履歴を残さない(表示させない)設定方法を紹介します。
このマーク

 

検索履歴とは・・・

Bingの検索履歴

これです!

以前検索した言葉が表示されます。

こぷー
こぷー

お菓子ばっかでねーの。

ピグ
ピグ

ぶひっ。

 

今回紹介するのは、

今後この検索履歴を表示しないようにする設定のやり方です。

 

検索エンジンによって、やり方が違います。

・ Bing

・ Google

・ Yahoo!

それぞれの設定方法を紹介します。

 

広告
広告

Bingの場合

まず紹介するのは、検索エンジンがBingの場合です。

(Edgeのデフォルトの検索エンジンは、「Bing」となっています。)

Bingにログインしているか・いないかでやり方が違ってきます。

Bingにログインしていない場合

Bingにログインしていない場合は、この方法でOK!👇

Bingのホーム画面上部

Bingのトップ画面。

(このトップページの表示方法はこちら

右上の「三」をクリック。

Bingのメニュー

「検索履歴」をクリック。

検索履歴の設定画面

「ここで新しい検索を表示」

のボタンを、クリックしてOFFにします。

(👆の画像は、ONの状態)

これで、検索履歴が保存されなくなります。表示もされません。

 

Bingにログインしている場合

👆とおなじやり方で、検索履歴を表示しないようにはできます。

ただしこの場合、検索履歴はアカウントに保存されていきます。

Microsoftアカウントのメニュー
検索履歴

Microsoftアカウント画面。

アカウントには、検索履歴として残ります!

なのでこの場合は、後で紹介する

「InPrivate ブラウズ」

を使うしかありません。

 

Yahoo!の場合

Edgeを起動します。

Edgeブラウザの右上

右上の「・・・」をクリック。

Edgeのメニュー

「設定」をクリック。

設定のメニュー

「プライバシー、検索、サービス」をクリック。

「閲覧データをクリア」の設定

中ほどに、

「ブラウザーを閉じるたびにクリアするデータを選択する」

とあります。

クリックします。

クリアするデータを選択する

「オートフィル データ」

のボタンを、ONにします。

これでEdgeを閉じる時に、

検索履歴が削除されるようになります。

 

Googleの場合

Googleアカウントにログインしていなければ、保存されません。

でも、

Googleをログイン状態で使用している場合👇

Googleのアカウントに、検索履歴が保存されていきます。

なのでEdgeで履歴を残さないようにしても、Googleアカウントには保存されていきます。

(Googleをログインした時に、履歴が表示されます。)

Googleアカウント上で、検索履歴を保存しないようにする方法はこちらで紹介しています👇

 

もしくは次に紹介する、履歴が保存されない「InPrivate ブラウズ」を使います。

 

InPrivate ブラウズ(ウィンドウ)を利用する

履歴が保存されない「InPrivate ブラウズ」を使う方法を紹介します👇

Edgeの右上

Edgeを起動して

右上の「・・・」をクリック。

Edgeのメニュー

「新しい InPrivate ウィンドウ」をクリック。

InPrivateウィンドウモード

InPrivateウィンドウが立ち上がります。

これで検索すれば履歴は残りません。

 

以上です!

Edgeの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

・ 検索履歴を残さない(表示させない)設定方法👈今はココ!

 

以上です!

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました