【Chrome】検索履歴の削除と、保存をさせない設定方法。(PC版)

広告
広告

ネットで検索すると、検索した言葉が保存されます。

そして次に検索するとき、

「検索履歴」として表示されます。

【Google Chrome】検索履歴の削除と、保存をさせない設定方法。

「検索履歴」が表示される。

 

今回紹介するのは、

検索履歴を削除する方法と、今後保存せないようにする設定方法です。

 

広告
広告

検索エンジンがGoogleの場合

Googleをログイン状態で使用している場合👇

【Google Chrome】検索履歴の削除と、保存をさせない設定方法。

Googleのアカウントに、検索履歴が保存されていきます。

なのでGoogleChrome上で履歴を削除しても、Googleアカウントには保存されたままになっています。

(Googleをログインし直すと、履歴が復活します。)

 

なのでここからは、Googleアカウント内の検索履歴を削除・保存させない方法を紹介します👇

Googleアカウント内の検索履歴を削除する

こちらで紹介しています👇

  

Googleアカウント内に、検索履歴を保存させない・残さない

こちらで紹介しています👇

 

検索エンジンがBingの場合

こちらは検索エンジンにBingを使用した場合です。

同様にBingにログイン(Microsoftアカウントにログイン)している場合も、アカウント内に履歴が残ります。

 

Microsoftアカウント内の検索履歴を削除する

こちらで紹介しています👇

 

Microsoftアカウント内に、検索履歴を削除する保存させない・残さない

この場合は、「シークレットモード」を使用します。

(理由はこちら

シークレットモードの使い方は、こちらで紹介しています👇

 

以上です!

閲覧履歴について

閲覧履歴についても、詳しく解説しています👇

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました