【Firefox】閲覧履歴を残させない(保存しない)方法を紹介します。

広告

Firefoxで見たページは「閲覧履歴」として保存されます。

Firefoxの閲覧履歴

👆閲覧履歴。

今までどのページを見ていたかがわかります。

(ちなみにすべての閲覧履歴の表示方法はこちら

 

今回紹介するのは、

閲覧履歴を残さないでネットを利用する方法です。

 

 

検索エンジンによって、やり方が違います。

・ Google

・ Yahoo!

・ Bing

それぞれの設定方法を紹介します。

 

広告
広告

Firefoxで閲覧履歴が残らない設定にする

検索エンジンがGoogleの場合

Googleにログインしていない場合

Googleにログインしていない場合は、この方法でOK!👇

Firefoxを起動します。

Firefoxの右上

右上にある「三」をクリック。

出てきたメニューから、

「設定」をクリック。

設定のメニュー

オプション画面。

左側のメニューにある、

「プライバシーとセキュリティ」

をクリック。

プライバシーとセキュリティの項目

下の方にスクロールします。

履歴の設定

「履歴」の項目にある、

「履歴を記憶させる」をクリック。

履歴の保存の選択

「記憶させる履歴を詳細設定をする」

をクリック。

「記憶させる履歴を詳細設定をする」の設定

「表示したページとファイルのダウンロードの履歴を残す」

のチェックを外します。

これで完了です!

 

Googleにログインしている場合

Googleでログインして使う場合は、アカウントに履歴が残るので、後で紹介する「プライベートウインドウ」を使います。

 

検索エンジンBingの場合

Bingにログインしていない場合

👆「Googleにログインしていない場合」と同じようにFirefoxを設定すればOKです。

 

Bingにログインしている場合

Bingにログインして使う場合も、アカウントに履歴が残るので、後で紹介する「プライベートウインドウ」を使います。

 

検索エンジンがYahoo!の場合

👆「Bingにログインしていない場合」と同じようにFirefoxを設定すればOKです。

ログインしていても履歴は保存されません。

 

プライベートウインドウを利用する

履歴が保存されない「プライベートウインドウ」を使う方法を紹介します👇

Firefoxの三本線

右上にある「三」をクリック。

Firefoxのメニュー

「新しいプライベートウインドウ」をクリックします。

Firefoxのプライベートウインドウの画面

プライベートウインドウが開きます。

これで閲覧すれば履歴は残りません。

 

以上です!

Firefoxの閲覧履歴・検索履歴の記事まとめ

他にも、閲覧履歴・検索履歴について詳しく紹介しています!

(👇青い文字をクリックすると記事に飛びます。)

閲覧履歴について

過去の閲覧履歴を削除する方法

閲覧履歴を残さない(保存しない)方法👈今はココ!

検索履歴について

過去の検索履歴を削除する方法

検索履歴を残さない(表示させない)設定方法

この記事は役にたちましたか?

タイトルとURLをコピーしました